洗顔石鹸をコロコロ変える

自分のコスメ道を磨く

美容に気を使いすぎ、洗顔石鹸をころころ変えまくっていました。とにかくモコモコの泡で肌を包み込めば、美肌に近づくと思ってばかりいたのです。

 

 

それでいて泡切れの良さもポイントだとばかり思い、ドラッグストアや通販、百貨店などで、自分に合う洗顔石鹸を買っては変え、買っては変え・・を繰り返しました。しかしあまり肌の状態は変わらずで、完全に洗顔石鹸ジプシーに陥っていたのです。

 

 

 

ある百貨店にこの一件を相談すると、洗顔石鹸よりもその後のケアを考え直しなさいと言われました。

 

 

 

それが自分的にかなりガツンと来て、何故あんなに洗顔石鹸にばかりこだわっていたのかと、自分自身が恥ずかしくなりました。とりあえず洗顔石鹸は母が愛用しているドラッグストアの固形石鹸に決め、その後のケアを変えてみました。結局は百貨店に常駐するコスメアドバイザーさんの言いなりになった感は否めませんが。

 

 

 

今までは洗顔してお風呂から上がったら身体や顔をタオルで拭き、その後化粧水→乳液というケアをしていたのですが、今は洗顔してお風呂から出たら一切顔を拭きません。濡れた顔にそのまま専用のトリートメントオイルでケアし、次のスキンケアを浸透しやすくするのです。

 

 

 

スキンケアをこの方法にチェンジしてから、肌のキメがふっくら整ってきました。今までは入浴後にタオルで顔を拭いていたのですが、そのタオルは子供達が使ったタオルの使い回しでした。自分だけの為に一枚専用のタオルを用意する気にもならず、家族で使い回しているタオルで顔を拭いていたのです。

 

 

 

毎日ガンガン洗濯しているからそこまで雑菌が繁殖していない・・と信じたいですが、正直分かりません。そして洗濯のし過ぎでフワフワ感は全くなく、肌触り最悪でも使っていました。今思えば、洗顔だけ肌を傷つけない様気を付けても、その後にガサガサタオルで肌を擦ればアウトです。

 

 

 

洗顔したばかりでデリケートな肌をカサカサタオルでごしごし拭き、その後一気に化粧水で保湿です。

 

 

そりゃあ、肌のキメが整うわけありませんね。乳液なんかは、肌に浸透した感じは全くありませんでした。

 

 

しかしオイルケアをする様になってからは、化粧水や乳液が肌に入っていくのが分かります。思えば、ヘアケアにも専用オイルを使っていますし、身体にもオイルを塗っています。寝る前に必ず唇をリップでケアするのですが、そのリップにもオイルが配合されています。

 

 

 

クレンジングもオイルだし、ついに化粧水よりも先にオイルを顔に塗るケアに辿り着くとは。もうオイルなしの生活は考えられないかも。オイル美容、これからもお世話になります。